不動産売買取引には身分証明書が必須

顔写真付き身分証明書と聞いて、まず一番に思いつくのが運転免許証でしょう。

不動産売買の取引においても、法律で本人確認が義務づけられています。

不動産の取引には大きな金額が動きます。

売却の意志や他人の成りすましの確認のためにも、本人確認はとても重要です。

運転免許証を返納してしまった、パスポートなどの他の本人確認書類も持っていない。

その場合は、取引手続き自体がストップしてしまいます。

そうならないためにも、不動産売買取引の予定がある方は、早めにマイナンバーカードなどの身分証明書の用意をしておきましょう。

マイナンバーカードの申請・交付の流れ(総務省サイト)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です