間取りで違うマンション売却のポイント<ワンルーム・1K・1LDK>

ワンルーム・1K・1LDK等の単身用のマンションは、個人で購入する方はあまりいません。

なぜなら、マンション含め家を購入するのは、結婚した、家族が増えた、というタイミングであり、単身の人が一人で住むために家を購入するケースはあまりないからです。

そのため単身者用向け間取りのマンションは、投資家をターゲットにするのが良いでしょう。

ファミリー向けの広いマンションや一棟売りのマンションよりも価格が安いので、投資家も融資を受けやすく、家賃で一定額の収入を得られるので、安定した人気があります。

アピールポイントは、駅近、利便性、内装、といった一般的に家を購入する方へのものとは違います。

投資家は物件購入後、賃貸してどのくらいの利益を得られるかを重視します。

従って、利益率が高い、修繕費がしっかり積立てられているというような、投資家が購入したくなるように宣伝するのが良いでしょう。

Follow me!