古家付き土地の売却<ポイント>

古家付き土地を売却する際は、隣地との境界を明確にしておくことが大切です。

長年住んでいるというような土地だと、隣地との境界があいまいなケースがよくあります。

隣地の住人が境界を越えて物を置いていたり、逆に売主側の人が隣地の境界を越えて利用していたりすることもあります。

他にもガス管や水道管が越境している時もあります。

今までは隣人という関係で問題になっていなかったとしても、土地の所有者が変われば後々トラブルになることも少なくありません。

境界確定は売却前に必ずしておきましょう。

Follow me!