売却不動産を更地にするメリット

中古一戸建ては、築年数が古くなればそれだけ価値も下がるのが一般的です。

また、たとえ築年数の浅い一戸建てでも、家の中が汚かったり劣化が激しかったりなど手入れの行き届いていない状態だと、資産価値は下がってしまいます。

そのため中古一戸建てとして売却する場合、内覧時は少しでも印象を良くするために掃除をしたり、売却開始前にリフォームをしたりしています。

しかし、建物を解体して更地として売却すれば、建物の資産価値を気にすることなく売却に臨むことができます。

あまりに建物のメンテナンスに費用がかかるようだったり、内覧者の心証を悪くするような状態ならば、解体して更地として売り出すのも良いでしょう。

Follow me!