売却不動産を更地にするメリット

住宅を売却する時は、通常「瑕疵担保責任」というものを負わないといけません。

瑕疵担保責任とは、売却後に買主が知らなかった住宅の欠陥(瑕疵)があった場合、売主の責任になる、という決まりです。

事前に瑕疵の内容を売主が知っていれば問題ありません。

売却後に、例えばシロアリの被害や雨漏りが見つかったりしたときは売主の責任となり、最悪契約解除や損害賠償請求をされる恐れがあります。

しかし、住宅を解体し更地にしてしまえば、この「瑕疵担保責任」は発生しません。

売却後の煩わしさを避けたい方は、売り出す前に更地にしてしまうのが良いかもしれません。

尚、「瑕疵担保責任」という名称は、法律では今年4月に「契約不適合責任」に変更されています。

瑕疵担保責任についての詳しい説明はコチラ

Follow me!