既存不適格建築物の売却<上手な売却のポイント②>

既存不適格建築物は様々な問題や制限のため、近隣の同じような条件の物件よりも売却価格が安くなるケースが多いです。

理由は近隣相場と同じような価格にすると、もともと既存不適格建築物は売却に不利な点があるので、金額だけで購入者の対象から外れてしまうことになってしまうからです。

既存不適格建築物は、近隣相場よりも売却価格を下げて売り出す方が、購入者の目にもとまりやすいといえます。

Follow me!