既存不適格建築物の売却<上手な売却のポイント①>

既存不適格建築物を売却する時は、物件のマイナスの部分は包み隠さず買主と不動産会社には伝えるようにしましょう。

不動産売買は高額な取引となりますし、契約を円滑円満に進めるためには信頼関係が何よりも大切です。

後々のトラブルを防ぐためにも大事なポイントです。

Follow me!