不動産媒介契約の違い<自己発見取引>

売主自ら買主を見つけて取引をすることを自己発見取引といいます。

専属専任媒介契約は、この自己発見取引をするときも不動産会社を介して取引をしなければなりません。

仲介手数料は全額払う必要があります。

一般媒介契約と専任媒介契約は自己発見取引が可能です。

ただし、専任媒介契約に関してはそれまでの必要経費を不動産会社から請求される場合があります。

自己発見取引は、個人間の取引となるので気をつけないといけない点がいくつかあります。

(詳しくはこちらから)

できるだけ不動産会社の仲介を通じて取引をすることをおすすめします。

Follow me!