不動産の売却を知り合いに依頼するのはNGな理由②

不動産売却を知り合いに頼むのが良くない理由の二つ目は、その知り合いがどれだけ不動産の売却に長けているのかわからないからです。

一般の方には分かりづらいのですが、不動産会社といっても不動産業界には沢山の種類があります。

よく見聞きする種類としては、不動産賃貸仲介、不動産賃貸管理、不動産売買仲介あたりでしょうか。

不動産賃貸を主とする不動産会社の知り合いに、不動産売買の依頼をしてももちろんできません。

知識も経験もないからです。

逆に不動産売買を主としている不動産会社に、不動産賃貸業務を依頼しても断られる可能性が高いです。

得意ではないからです。

このように、不動産業務に携わっているからといって、不動産の売却が誰でもできるわけではないのです。

不動産売却は、営業マンの力量のよってもかなりその後の結果が左右されます。

知り合いだからといって、安易に頼むのは良くありません。

Follow me!