相続した空き家の売却のススメ②

相続した空き家を早期に売却した方が良い理由の二つ目は、相続した空き家の売却の税制優遇の条件の一つに、適用期限があるからです。

「被相続人の居住用財産(空き家)を売却したときの特例」です。

2016年に新設されたこの特例は、譲渡所得3,000万円までは課税されない、というものです。

この特例には適用期限の他にも、条件がいくつかあります。

詳しくは『5分でわかる!3,000万円特別控除とは?【相続空き家編】』をご覧下さい。

Follow me!