不動産売却の現状渡しとは

不動産の売買では、通常は買主に引き渡す前に不具合を修理・修繕します。

しかし、その物件がかなり古い建物であったり、状態がかなり悪かったり、等といった場合は、そのままの状態で売却することもあります。

明らかにトラブルが目に見える状態であっても、そのままで売却するのが現状渡しです。

現状渡しという売却方法には、やはりメリット・デメリットがあります。

詳しくは「不動産売却における『現状渡し』とは?メリット・デメリットを解説」をご覧下さい。

Follow me!