旗竿地の売却

旗竿地とは、前面の道路に接している土地が細長く、奥の方に広い敷地がある形状の土地のことを言います。

竿に旗が付いているような形に似ているので、このように呼ばれています。

人や車が出入りする部分が狭く不便なこともあるので、売却価格が近隣の相場よりも下がってしまう傾向があります。

しかし、旗竿地でも高く売却できる方法があります。

詳しく知りたい方は、「旗竿地を高く売却するために知っておくべき5つの極意」をご覧下さい。

Follow me!

次の記事

固定資産税