再建築不可物件

再建築不可物件とは、現存する建物を一度取り壊してしまうと、その後その土地には建物を建てられない物件のことをいいます。

なぜ建てられないのかと言うと、建築基準法で、原則前面道路の幅が4メートル以上、道路と土地の接面が2メートル以上ないと建物は建築できないという決まりがあるからです。

そういった理由で、再建築不可物件は売却が通常の物件より難しいと言われています。

しかし、既存の建物をリノベーションしたり修繕したりして売り出すことは可能です。

そういった売却を得意とする不動産会社もあります。

所有する不動産が再建築不可物件に該当するのか、一度調べてみるのも良いかもしれません。

Follow me!