空家等対策の推進に関する特別措置法について

この法律は、2015年(平成27年)に制定されました。

人口減少が続く日本では、近年空き家の増加が問題となっています。

空き家でもきちんと管理ができていればいいのですが、放置される空き家が年々増えているのが問題なのです。

なぜなら、老朽化による倒壊の危険や、不法投棄、放火、結果的には近隣の治安の悪化にも繋がるからです。

そこでこの通称空き家法により、そのような危険な空き家を、行政が所有者に改善や対策を取ることを指導できるようになったのです。

詳しくは、「空き家法(空家等対策の推進に関する特別措置法)って何?分かりやすく解説します!」をご覧下さい。

Follow me!

前の記事

住民票の異動

次の記事

再建築不可物件