解体してからの土地の売却

前回は不動産売却の成約後の解体のお話でしたが、今回は不動産売却前に解体してからの販売ついてです。

販売時に更地の状態だと、買主がみつかりやすいというメリットがあります。

なぜなら、中古住宅を探している人よりも新築を建てるための土地を探している人の方が多いからです。

更地の方が、現地を実際に見た時に家を建てたときのイメージがしやすい、購入してから建築工事にかかるまでの日数が短縮できる、解体費用の負担がない、など買主にとってはメリットになることが多いです。

しかし、すぐに売却先が決まらない場合、固定資産税が高くなるというリスクやその他にも解体費用を売却前に負担しなければならないことなど、売主側にはデメリットもあります。

詳しくは「更地にして売却することのメリット・デメリットとは?」をご覧下さい。

Follow me!