不動産売却は個人でできるのか

不動産売却は、ほとんどの方が不動産会社に依頼し、売却が決まったら仲介手数料を支払っていると思います。

この仲介手数料は、例えば売却金額が1,500万円だと約56万円です。

決して安くはない金額です。

不動産会社に依頼せずに個人で売買出来れば、もちろん仲介手数料はかかりません。

法律的には個人で売買することは可能です。

免許も許可も必要ありません。

しかし、価格設定も買い手を見つけるのも、契約書や重要事項説明書などの作成も自分でしないとなりません。

他に、買主とのトラブルが万が一あった場合なども自分で対応しなければならず、大変なことも多いです。

どちらの売却方法にもメリット・デメリットがあるので、よく調べてみることをおすすめします。

Follow me!