不動産売買における印紙税

皆さんは印紙税とはどのような税かご存じですか。

印紙税は契約書や領収書等に添付して納める税金です。

高額な領収書に添付されているのを見たことがある方も多いでしょう。

不動産売買に関しては、取引額が1万円を超えるとかかります。

添付や消印を忘れたりして納税ができなかった場合、本来の税金の3倍の金額を納めないといけなくなりますので、注意しましょう。

詳しくは「不動産売却でかかる印紙税とは?納付方法や軽減税率などの基礎知識」をご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

空き家の解体