住宅ローンが残る場合の任意売却について

任意売却とは、債権者の合意を得たうえで不動産を売却する方法です。

住宅を売却する際にローンが残っていて、ローン残高よりも売却金額が低く、売却後にローンが残ってしまう状態を「オーバーローン」と言います。

このようなオーバーローン状態でも、銀行などの金融機関の合意があれば、任意売却によって不動産を売却することができるのです。

しかし、任意売却の手続きは住宅ローンを滞納してしまったらすぐに開始できるというものではありません。

任意売却手続きは、開始できるタイミングも終了せざるをえない期限も決められています。

詳しくは「任意売却でローンが残る不動産を売却するメリット・デメリット」を参考にしてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

路線価について

次の記事

アパート売却の流れ