3000万円特別控除とは?

不動産を売却すると、利益が出た部分に対して譲渡所得税や住民税がかかります。

しかし、実家を相続して空き家を売却した場合、一定の要件を満たせば「被相続人の居住用財産(空き家)を売却したときの特例」が適用されて、最大3,000万円までの譲渡所得(利益)に対しては課税されない扱いとなります。

特例を利用するには、様々な要件を満たす必要があります。

詳しくは「5分でわかる!3000万円特別控除とは?【相続空き家編】」をご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です