離婚による不動産売却で揉めないために

平成27年度の日本の離婚件数は、厚生労働省の調査によると約22万件。

30~35歳の年代の離婚件数が一番多いそうです。

この年代だと、持ち家などの不動産を所有している方もいるでしょう。

離婚の際に不動産売却をする時の大切なポイントは以下のとおりです。

・財産分与の必要性と仕組みを理解しておく

・財産分与の割合で揉めないように住宅購入費の内訳や貢献度を明確にする

・売却に伴う必要経費の負担割合を決めておく

・ローンの残額によっては任意売却を検討する

諸々の手間や面倒を考えると、不動産売却は不動産会社の力を借りるのが賢明でしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。