親が認知症になる前に

厚生労働省は「高齢者の4人に1人が認知症、またはその予備軍」とし、2025年には約700万人が羅患すると推測しています。

認知症になることで一番問題になるのは、不動産を含めた資産が事実上「凍結」してしまうことです。

預貯金を下ろしたり、不動産を売買したりすることができなくなってしまいます。

認知症になるリスクは誰にでもあります。

相続対策をするように、認知症対策もしっかりしておくことをおすすめします。

詳しくは、「【介護と不動産】親が認知症になる前に不動産売却した方が良い4つの理由」を参考にしてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。