不動産売却の「買取」と「仲介」の違い

不動産の売却には、「買取」と「仲介」と2つの方法があります。

買取は不動産会社が不動産を買い取ることであり、仲介は不動産会社が買主を探すことです。

どちらにもメリット・デメリットがあります。

買取は現金化が早いのですが、売却金額が相場の6~8割まで下がります。

不動産を買い取った不動産会社は、リノベーションなどをしてから転売するケースが多いので、安く仕入れないと利益が出ないためです。

仲介は売却活動期間や買主のローン審査などで、引き渡しまで早くても3ヶ月程度かかります。

場合によっては半年以上かかるケースも少なくありません。

しかし、相場価格で売却できることがほとんどです。

このようなメリット・デメリットをよく考え、自分に合った売却方法を選びましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です